東町市サッカー協会:アジア初のサッカー大国、Jリーグメタ

十日町市サッカー協会:アジア初のサッカー大国、Jリーグ

数十年の間、サッカーは西側諸国のスポーツとしてのみ知られています。 。ゲームには身長、体格、強さの必要性が認識されているため、多くのアジアのアスリートは、国際的なサッカーのステージに到達するために運を試してみませんでした。アジアがようやく国際サッカーシーンの代表を務めたのは、日本が独自のチームを持って登場するまででした。 

日本政府が予算の大部分をスポーツに割り当てていることから、日本サッカー協会は、国内で最高のサッカーの才能を見つけるために必要な支援を見つけました。それとともに、日本のサッカーリーグが出現し、シーンに突入し、彼らのスキルと腕前ですべての人を水から吹き飛ばすと脅しました。以下の情報を通じて、アジアのサッカー大国についてもっと知る手助けをしましょう。 

日本のサッカーリーグ:トップへ!

日本のサッカーリーグは今や大国として知られているかもしれませんが、現在の評判が示唆するほど驚くほど始まったわけではありません。日本のサッカーは、1990年代に日本サッカーリーグが始まる前はひざまずいていた。庶民の注目を集めなかったスポーツでした。しかし、この国は1968年のオリンピックで銅メダルを獲得することができましたが、日本人のサッカーへの関心は十分に長くは続かず、適切な評判を得ることができませんでした。

トップへの道を開くことは、特にはるかに大きな体格を持つ西洋のアスリートによって支配されたゲームでは簡単ではありませんでした。しかし、日本人が敵に直面して諦めることは知られていない。懸命な努力、財政的支援、そしてあらゆるプラットフォームを支配するという破られない意志を通じて、日本のサッカーリーグは国際的なサッカーシーンで知られるようになりました。その結果、彼らはまた、日本の国民の注目を集め、人々がスポーツに参加することを奨励した。 

日本のサッカー日本代表は1936年と1956年のオリンピックに出場しましたが、その評判が高まり始めたのは1964年の東京オリンピックまででした。日本のトップへの登りは、アルゼンチンに対する伝説的な3-2の勝利から始まりました。しかし、それだけでは国民の注目を長く保つことはできませんでした。 

その間、日本は野球に夢中になっていた。日本のプロサッカーリーグが結成されることが発表された1991年11月まで、日本の国民は他のスポーツにほとんど注意を払っていません。 

勝利への急な道 

90年代の初め、日本代表はFIFAの世界ランキングの下位で苦戦していました。当時のサッカースタジアムでは、観客はほとんど見かけませんでした。この恐ろしい光景とは対照的に、当時の日本経済は活況を呈していた。 

スポーツを救うために、全国の大企業はチームを彼らの翼の下に置き、財政的支援を提供することを提案しています。この型破りな取り決めに疑問が投げかけられたにもかかわらず、それは最終的に大成功を収めました。 5月15日、ヴェルディ川崎はJリーグの開幕戦で悪名高い横浜F・マリノスを迎え、アジアのサッカーにとって大きなターニングポイントとなった。  

当時、チームは魅力的な給料でリーグに参加した外国人選手で構成されていました。オランダ人ストライカーのヘニー・マイヤーは、チームのゴールを決めた最初の選手でした。横浜マルニョに有利に試合に勝ったのは、ブラジルのエバートンとアルゼンチンのラモンディアスに他なりません。彼らのゲームプレイは、マリノスにとって壮大な2-1の勝利をもたらしました。 

成功のピークの成功

横浜マリノスにより、支持者たちはマリノスの人気の波に乗ることに熱心になりました。フットボールシーンのより大きな名前はすぐに日本のチームに加わるために採用され、ゲームのプロフィールを生み出します。それだけでなく、日本人は外国人プレイヤーに魅了されているため、観客の関心も高まっています。 

裕福な支援者のおかげで、Jリーグクラブは世界中から国際的な選手を募集しました。注目すべきプレーヤーの1人はLinekerです。彼は彼の卓越した記録で世界で最高のサッカー選手の一人と見なされていました。リネカーの東への意欲は、当時のトッププレーヤーがJリーグを価値のあるベンチャーと見なしていたことを証明しています。 

Jリーグは優秀な選手を採用するだけでなく、才能のあるコーチやトレーナーも採用しました。彼らがチームに引っ掛かることができた有名人のいくつかは、アーセナルの将来のマネージャー、アーセン・ベンゲルです。支持者たちは、サッカーにおけるそのような信じられないほどの人物の影響が、リーグの自国の選手の質を向上させるのに役立つことを望んでいました。 

リーグの努力は無駄ではありませんでした。知名度の高い選手がチームに加わることで、日本のサッカーの水準は徐々に高まりました。リーグの最初の3年以内に、日本は国際ランキングを急上昇させました。平均的な観客は、ほとんど観客がいない状態から、ゲームごとに20,000人の参加者に増えました。 

経済への脅威と未来への夢

すべては成長する日本の経済と完璧に進んでいました。しかし、国内で経済危機が顕在化したとき、日本のサッカーリーグはかつての荒野に戻ると脅されました。 

しかし、日本のプレーヤーは、彼らが単なる大金取引や注目度の高い署名以上のものであることを証明しました。彼らは長期的に考え始め、リーグの野心的なビジョンを計画しました。日本のサッカーリーグは、100のフルタイムクラブを彼らの翼の下に置くことを夢見ていました。彼らはまた、2092ワールドカップで優勝したいという彼らの願望を宣言しました。 

年までに国際から国内へ

日本の経済が落ち込んだ後、チームに残った国際的なプレーヤーはほとんどいませんでした。日本のサッカーリーグは、地元企業や草の根アカデミーとのパートナーシップを形成し始めました。この理由は、若者にサッカーを宣伝し、この楽しいチームゲームへの参加を奨励するためです。 

日本のサッカーリーグのローカリゼーションは、3層のリーグ形式を実装することによってバックアップされました。これは、リーグが100のフルタイムクラブを獲得するという野心的な目標に近づくにつれて、後に成長しました。現在、日本は目標の半分以上を達成しています。日本人が徐々にサッカーを受け入れてきたことを証明しています。 

日本が2002年のワールドカップを韓国と一緒に開催した後、観客の関心が急上昇したため、国際的なプレーヤーが姿を消したときに減少した平均出席者数は跳ね返った。現在、ワールドサッカー誌によると、Jリーグのゲームの平均視聴者数は世界のトップ10のすぐ外にあります。 

アジアのサッカー大国

日本のサッカーリーグは今のところ国際サッカーシーンを支配することはできませんでしたが、彼らは確かにアジアでランクを上げました。日本は現在、アジアサッカーのトップリーグとして認められています。 

一部の日本の選手は国際的にも優れていました。世界で最も尊敬されているリーグの1つであるブンデスリーガでプレーしている彼らに出会うかもしれません。一方、日本のサッカーリーグは、国際サッカー界のトップリーグの1つになりつつあります。 Jリーグが他のアジアリーグがゲームを開発し、スキルを向上させるためのプラットフォームを提供しているという事実もあります。 

著名な日本のサッカー選手

  • トップ1:釜本邦茂1964年-1977年

釜本邦茂は1968年のオリンピックで日本のサッカーチームの一員でした。彼は、日本がオリンピックで銅メダルを獲得するのを助けたキープレーヤーでした。当時、ゲームが欧米のプレイヤーによって支配されていたことを考えると、それは大きな問題でした。 

今日まで、彼は日本で最も多くのゴールを決めた記録を保持している人です。それだけでなく、彼はチームの精神を高く保つ驚くべき能力を備えた印象的なチームプレーヤーでもありました。日本のサッカーシーンの真の伝説!

  • トップ2:三浦知良1990-現在いる三浦知良

日本のサッカーを見て人なら誰でも、が日本で最高の選手の一人であることにきっと同意するでしょう。彼は敵チームをだます彼の信じられないほどのスキルで有名です。彼のトレードマークの動きは「カズフェイント」として知られています。この動きは、ゴールキーパーを混乱させ、彼らに彼らのガードを落とさせるためにゴールを作るふりをすることを含みます。 

彼は今日まで活躍している選手です。これは彼を世界中のプロリーグで最年長のサッカー選手にします!彼の老後を軽蔑しないでください、彼はシリーズAでプレーする最初の日本人プレーヤーになることができた非常に才能のあるプレーヤーです。

  • トップ3:香川真司2006-現在

国際的に起こっているすべてについて更新された場合サッカー、香川真司のことを聞いたことがあるかもしれません。彼はボルシア・ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドを含む世界のトップリーグにスカウトされた選手です。シンジは若いかもしれませんが、彼はすでに最も成功した日本のサッカー選手になるための道を進んでいます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright (c) 2020 Tokamachi City Football Association. All rights reserved.